フジオカのゴルフのお悩み相談室 vol.1「シャンクについて」

フジオカのゴルフのお悩み相談室 vol.1「シャンクについて」
相談者
ゴルフ歴2年
Yさん
(30歳・男性)

最近よくシャンクが出てしまうんですけど、どうしたら出なくなりますか?
本やネットで調べて色々意識しているのですが、なかなか抜け出せません。
アドバイスをお願いします。

藤岡プロ

ショートホールでグリーンにのせたいと思った時、
グリーン周りでワンパット圏内に寄せて良いスコアであがりたいなと思った時、
打つ前にライが悪いので嫌な予感がした時、、、、
そんな時にシャンクが出てしまう事はありますよね。
そんなシャンクの『原因』、『解決ポイント』、『応急処置』をお伝えします。


藤岡功嗣
Koji Fujioka
大阪府出身
1986年10月1日生まれ
大学卒業後に大手建設会社に就職するも、会社のコンペの為に始めたゴルフに魅了される。小学校から高校まで野球に打ち込んでいたこともあり、ボールを打つ楽しさを再認識し「もう一度真剣にスポーツをしたい!」という強い想いから25歳でゴルフ業界への第一歩を踏み出す。
2017年にPGAティーチングプロの資格取得し、現在は【リアルゴルフアカデミー(HP/Instagram)】に所属。国内プロトーナメント運営スタッフなども行う。主に「江坂ゴルフセンター」を中心にレッスンを行っており、ジュニアゴルファー育成に励む。これまでの指導人数は2,000人に上る。
Instagram(@fujiokakoji) では、独自で考案した【藤岡メソッド】を随時配信中!!

シャンクが出る時の原因は、「フェースが開く事」

ハンドファーストを意識しすぎてしまう

アドレス時にハンドファーストを意識し過ぎてしまい、左手の甲が正面から見えるような構えになってしまいます。また、ボールも右足よりに置いてしまいがちで、この状態のままボールを打ちに行ってしまうとインパクト時に手元がボールより打球方向へ出てしまう事でクラブのフェースが開き、シャンクが出てしまいます。

体が流れてしまう

体重移動は体を捻ることで勝手に行わるのですが、自分自身で無理に体重を右足から左足に移動することにより体がスエーして(横移動で流れて)しまいます。そのことが原因で、インパクト時に手元がボールより打球方向に出てしまい、クラブのフェースが開き、シャンクが出てしまいます。

ダウンスイング時に手元が 前に出てしまう

トップからのダウンスイング時に右膝が蹴り出すように前に出てしまうと、アドレス時の手元の場所に戻らなくなります。その際、手元が右膝を避けようとすることにより手元が前に出てしまい、フェイスが開き、シャンクが出てしまいます。

解決のポイント

ボールをあまり右足よりに置かない

グリーン廻りでのアプローチの際にダフったりトップしないようにする為に、ボールを右足寄りに置く人が多いですが、基本的には右足寄りにボールを置くことにより低いボールが出るようになります。それを、無理にボールを上げるようなアプローチをしようとすることがシャンクの原因につながります。
また、アドレスの時点でボールをあまり右足寄りに置かないようにするとハンドファーストになりにくくなります。

右足の正しい回転を身に着ける

体を回転させると同時に、右膝を左膝の裏にしまい込むようにねじっていきます。この時、フィニッシュで右の足の裏が真後ろに向き、右足の小指方向に少し傾くようにします。そして、膝から上の太ももが全てくっつくように意識します。
この動きで太ももの内側がくっつかない場合は、体が伸び上がってしまい上下に軸がズレていないか、体が打球方向に突っ込んでしまい左右に軸がずれていないか、確認してみてください。

大変!!コース中にシャンクが止まらない!!

ラウンド中にシャンクが出てしまい強くなった場合は、コース中に修正したいですよね。
そんなコース途中での『応急処置ポイント』はこちら!!

少しハンドレイトを意識する


右足はべた足でスイング


インパクト時はクラブヘッドが手元よりも前に出る状態を意識



この3つのポイントを意識する事で、シャンクの三大要因の三つの動きが抑えられます。
ただし、あくまでも『応急処置』。
日頃の練習で正しいフォームを身に付け、レベルアップしてきましょう!!

『フジオカのゴルフのお悩み相談』では、
こちらにて随時お悩みを募集中!!

ゴルフのこういう事が知りたい!
スコアを伸ばしたい!
藤岡プロにこんな事を聞いてみたい!など
お気軽にお問い合わせください!!

ゴルフのお悩み相談室カテゴリの最新記事